アロママッサージってなに~その4 本気の覚悟


本気でタイ古式マッサージを学びたかったので

本気で教えてくれる人を探しました

もちろんネットサーフィンいっぱいしました

いろんな記事を読むと、結構多くの人がタイに渡り本場のスクールに入って学んでいました

一人に経験者の方のブログによると

タイは物価が安いので、日本で何かを学ぶ金額よりもコストがかからない

それでいて、タイの文化にも触れる事ができるうえに

本場のタイ古式マッサージが学べる

そして日本人スタッフが在籍しているので日本語でクラスが受けられるそうです。

ますます興味がわいてきました~!

わたしもタイに渡って本場を学びたい衝動にかられました

っが

本場のタイ古式を学び、チェンマイ公認のインストラクターの資格を取得した方を

地元浜松でみつけました 

YouTube でみつけました

タイの文化には触れられないけど、日本に帰ってきたばかりだったので

日本の文化に触れるのもいいな~っと思うのが3番で

決めてとなった2番は、やはり利便性と即行性ですね!

地元ですぐに見学に行く事ができたので

その日に入校の手続きをし

次週からクラスがスタート!

そして一番の決め手はインストラクターの方の本気度です

本気で学びたいと思った時から

本気で教える事を生業にしている人から学びたかったので

お会いしてカリキュラムのお話しや

たくさんの私の質問に(不安症で心の狭いわたしクレマー(;'∀'))

丁寧に答えてくれたのを聞いけて納得しました。

もちろんそれなりの金額をお支払いしました

その “それなりの金額“ も決めての一つですね

付加価値のついた値段や、お客寄せパンダ的な価格ではなく

インストラクターの教える自信や

クラスのクオリティーの価値で決めた価格設定に彼の本気を感じました。

もちろん

貧乏性のわたしにとって自分にプレッシャーをかけるのには十分過ぎる価格でしたがww

安いからダメ

高いから良い

とも思わなけど

安い高いには何かしらの理由があるはず

その理由が自分の中で理解、納得できれば安かろうが高かろうが欲しければ手を伸ばす

それだけ

そう

それだけ

財布が軽くなる、、、、それだけ😿w

もしも、本気でタイ古式マッサージを学びたい!っと思っていなかったら

なんとなく、タイ古式が気になるな~ぐらいだったら

リサーチはするけど、それなりの価格で学びはしなかっただろうし

インストラクターの本気もスルーしていたであろう

自分が本気の行動をとると、考え方が変わるし感じ方や思い方が変わり

また行動が変わる

とても面白い!

本気になったから物事の見え方が変わったり、自分の変化に気づけたりもする

もしも、何事にもなんとな~くで生きていたら見えないものは一生見えないし気づかないから

変化もないのかも

あっ

それを安定というのか?!

今回もアロママッサージって何が、から脱線しました。

もはや、入りも無しでしたが💦

次回5に続く


0件のコメント

最新記事

すべて表示